皆さんこんにちは。

広島県呉市に住んでる45歳さとしです。

 

今回はPCMAXで25歳パチンコ屋店員を見つけ、

初デートで

「エッチな女の子は嫌い?」

と聞いてきたNちゃん。

 

地味な見た目とは反対に、

セ〇クスが大好きだった女の子とカーセックス。

 

そのままセフレにしちゃった体験談を紹介します。

・25才-彼氏ナシ

・呉市内のパチンコ店員

・黒髪でメガネの地味系女子。

・155㎝くらいで普通体型

・おっぱいはDくらい

・経験人数は3人

・呉市阿賀在住(実家暮らし)

 

PCMAXで彼氏に振られたばかりの女の子を発見

いつも使っている出会い系サイトは

”登録したばかり女の子”

が多くて入れ食い状態。

 

ライバルも気付いたようで、いったん退散。

久し振りにPCMAXをチェックしてみました。

 

プロフィールを検索してみると、

呉に住んでる25歳の女の子に目が止まりました。

 

「PCMAXも新人が増えてきたな」

と思いつつ、写真やメッセージを確認。

 

口元はSNOWで加工していたけど、黒髪にメガネと地味なタイプの女の子。

早速メッセージを送ってみます。

(普段はこういうタイプの女の子はスルーするんですけど、地味系女子だったので、ライバルが少ないかなと(笑)

 

「かなり年上ですが仲良くなれたらいいなと思います」

 

「同じ呉住みですし、話も合うと思うのでよろしくです」

 

こんな普通の内容でメールを送信。

 

「初めまして」

 

「メールが1番普通だったんで、返信してみました(笑)」

 

相手からは30分後くらいにメールが返ってきました。

 

「返信ありがとうございます。僕が一番普通だったんですか?」

 

「ひょっとして変なメールばっかりで、うんざりしてたんじゃないですか?」

 

(経験上、女の子の気持ちに軽く寄り添うと反応が良くなると思います)

 

「そこそこメールもらったんですけど」

「すぐに会いたいとか、どこで待ち合わせするとか・・・」

 

「私、すぐに会うとか思ってないので」

 

 

メッセージを読む限り多分、
慎重で真面目タイプのNちゃん。

 

でも、

 

PCMAXみたいな出会い系サイトに登録しているという事は、

出会いを求めているという気持ちがどこかにあるはず。

 

確実に会ってHをするために、
今回は焦らずじっくりいく作戦に決めました。

 

ポイントの残高が気になりますが、
1日目はじっくりPCMAXでメールを送ってみます。

 

5通目のメッセージを送った2日目に

「少し気を許してくれたかな?」

と感じたので、

 

「LINE交換してみませんか?」

と切り出すと、

 

「いいですよ」

意外とすんなりOKが出ました。

(300円でLINEを教えてもらえたら安いもんです)

地味な女の子とLINEで悩み相談。デートに誘われた

 

Nちゃんは呉市内のパチンコ屋さんでアルバイト。

悩みはそろそろ正社員として就職したいとでした。

 

「パチンコやらないから詳しくないけど」

「テレビで見た時に重い玉とか運んで大変な仕事じゃなあと思った・・・」

 

「そうなんですよ~泣」

「分かってもらえて嬉しいです」

 

少しずつ距離が縮まってきているみたいです。

 

「そういえば、彼女さんはいるんですか?」

 

「いないよ~。Nちゃんは?」

 

 

「3年間付き合ってたんですけど」

「好きな子が出来たって・・・」

「1週間前にフラれちゃいました泣」

 

(3年も付き合った彼氏にフラれてPCMAXを使ってたんだ)

(なんか重そうだけど、彼氏がいたなら見た目は普通以上だよな)

 

プロフの写真は地味だったけど、Nちゃんに対する期待値が上昇した瞬間でした

 

「3日泣きましたけど、今はもう大丈夫です!」

 

「うん、まだ会った事ないけど、Nちゃんには悲しい顔は似合わん気がする!」

 

「ありがとうございます。優しいですね

 

「惚れた?(笑)」

 

「ちょっとだけ(笑)」

 

彼氏を探してる。

とは言ってなかったけど、
男の人と出会いたい感じ。

 

 

それから3日後。

 

「今週土曜の夜って空いてます?」

 

「空いとるけど。どしたん?」

 

「夜の海行きたいな・・・」

 

「私みたいな可愛くない子じゃ嫌?」

 

「全然!! 気分転換に行こうよ!」

 

という事で、

3日後の土曜日の夜に、Nちゃんおすすめの梶が浜へ夜の海を見に行く事になりました。

 

PCMAXで出会った子とゆめタウンで待ち合わせ

Nちゃんと会う約束の土曜日。

19時に阿賀のゆめタウンで待ち合わせ。

 

「顔写真は見たし、身長も聞いたけど」

「どんな感じの女の子なんだろう・・・」

 

そんなことを考えながら、待ち合わせ場所に車で向かいます。

 

緊張が高まるまま、ゆめタウンには10分前に到着。

「着いたよー」

LINEを送ると、

 

「ウチ、もう着いとるよ」

「入り口のとこ」

 

車で向かうと、Nちゃんらしき女の子が手を振っています。

 

助手席に座ったNちゃんは

黒のブルゾンに白のセーターに

ジーンズという服装。

ニット素材だからか、胸が結構大きく見えます。

 

「今日はよろしくお願いします」

 

ぺこりと頭を下げたNちゃん。

言葉づかいもそうですが、

本当に礼儀正しい子です。

 

向かったのは蒲刈の梶ヶ浜海水浴場。

夜釣りをする人も多い蒲刈ですが、この日はまだ1月中旬。

いつもより寒い事もあって、着いた時には誰もいませんでした。

 

「Nちゃん、貸切じゃ(笑)」

 

「ホンマじゃ!でもこんだけ寒いけ当然か」

 

車を降りて一緒に砂浜へ。

 

「冬の夜の海もええね~」

 

「でしょ。海大好きなんです」

「夏もええけど冬、特に夜がおすすめ!」

 

「僕は夏がええかな。Nちゃんの水着姿見れるし!」

 

「も~、エッチなんだから!」

そう言いながら僕のわき腹をツンツンつついてきます。

(ボディタッチしてくるなんて、今夜の成功率は高そうです)

 

そう言うとNちゃんは背伸びをして、僕の首に腕を回して抱きついてきました。

 

「キスして・・・」

 

いきなり下を絡ませてくるディープキス。

 

「ねえ・・・こんなエッチな女嫌い?」

 

「エッチな子、大好きだよ」

 

もう1度ディープキス。

誰もいない安心感なのか、

何回もキスを求めてきます。

 

「うち我慢できん・・・」

「車でしよ・・・」

 

「いいの?」

 

「うん、誰もおらんし・・・」

 

我慢できない彼女と駐車場でカーセックス

 

車に戻り再びディープキス。

舌を絡ませるエロい音が車内に響き渡ります。

 

ブルゾンを脱がしセーターを捲ると、現れた黒いブラ。

 

 

「恥ずかしい・・・」

 

ブラに隠れていたのは
Dカップのおっぱい。

 

乳首を指で摘むと、

Nちゃんの息が荒くなってきます。

 

「あ、あん、いやん・・・」

 

ブラを外し乳首を舐めると、ピンクの乳首はもう勃っています。

 

 

「おっぱい弱いの・・・」

 

乳首を舐めるたび、身体をくねらせながらアエギ声を出すNちゃん。

 

「やん、んっ・・・」

「気持ちいい、気持ちいいよ・・・」

 

ジーンズを脱がすと黒のパンツ。

 

パンツの中に指を入れると、Nちゃんのオマ○コはもうびしょびしょ。

 

「あ、あん、やだ・・・」

「そこ、き、気持ちいい・・・」

 

クリ○リスを触ると、さっきよりも気持ち良くなっています。

 

「や、イく、イくっ」

「イッちゃうよ~!」

 

まだ少ししかかき回していないのに、
軽くイッてしまったNちゃん。

 

彼氏にフラれた地味な女の子は

マ〇コが敏感でした。

 

「今度はうちがペロペロしてあげる♡」

 

ズボンを脱ぎチ○コをNちゃんの顔の前に。

 

「うわ、おっきい!」

「お口に入るかな・・・」

 

そう言いながら黙ってチ〇ポを見つめるNちゃん。

そのままパクっと咥えてきました。

(大きくないのに、褒め上手です♡)

苦手なフ〇ラを頑張るNちゃん。騎乗位でDカップが揺れる

 

ちゅぽちゅぽちゅぽ

じゅるじゅるじゅる・・・

 

「はあ・・・はあ・・・はあ・・・」

咥えていたのを止めて、

 

「ちょっと休憩・・・」

と言ってきたNちゃん。

 

舐めつづけたせいで、
息苦しくなった様子でした。

 

「フ○ラ好きなの?」

と聞いてみると、

 

「昔は嫌いじゃったけど」

「男の人が気持ち良くなってる顔が見たいから、今は好き」

 

口調はMですが、
もしかするとこの子はSなのかも。

 

「でもまだ下手じゃけ、教えてくれる?」

 

眼鏡を外して再びフ○ラを始めたNちゃん。

 

じゅるじゅるじゅるっっ

 

ぎこちないフ〇ラがかえって気持ち良くて、僕のチ○コは準備万端です。

 

「入れてもええ?」

 

僕のチ○コを握ったまま、上に乗ってきたNちゃん。

 

「あ、入った」

 

そのまま腰を動かしていきます。

 

「あ、あ、ああ!」

 

「いい、いい、気持ちいいよ!」

 

奥に当たるのが気持ち良いのか、
淫乱体質なのか。

 

地味な見た目とは反対に
自分から積極的に腰を動かしてきます。

 

Dカップのおっぱいが動く度に激しく揺れています。

 

「もっとして!!」

 

大人しそうな女の子なのに、
セ〇クスはかなり激しいNちゃん。

(こういうギャップって萌えてしまいます)

正常位に体位を変え、いよいよフィニッシュ

 

「イってもええ?」

 

「うん、一緒にイく!」

 

ゴムも付けてないし、
中出しなんて出来ません。

なので、

発射先はNちゃんの顔。

 

 

どぴゅっっ・・・

どろぉ~・・・・

 

思いっきり飛び出した白い液体。

 

「はあ、はあ・・・」

「ごめん、顔に出しちゃった・・・」

 

顔についた精子をティッシュで拭いてると、

「さとしさんだから大丈夫・・・」

と言って、お掃除フ○ラを始めてくれるNちゃん。

 

敏感になってる亀頭とサオを綺麗に舐めてくれます。

 

 

「もっとエッチなことしてほしいな・・・」

「だめ?」

 

「全然いいよ。ここでする?」

 

「広いベッドでしたいな・・・」

 

安浦町のホテルへ移動する間はノーパンで

「大きなベッドでセ〇クスしたい」

というNちゃんのリクエストを聞いて、

安浦町にあるMAREに行くことに決定。

 

「上だけ着て、下は何も履かないで」

 

冗談半分で言ったのに、

Nちゃんはノーパンのまま

助手席に座ってくれました。

 

MAREへ移動するまでの間、

ずっと僕の左手はNちゃんのオマ〇コを。

 

「恥ずかしいけど気持ちいい・・・」

 

元々こんな性癖があったのかわかりませんが、恥ずかしい行為をすると感じてしまっています。

 

セ〇クスの相性がよかったのか、
今では何でもお願いを聞いてくれるセフレ関係に。

 

カーセックスをしていると、

「見られるかもしれない・・・」

という緊張感で、いつもよりも興奮してしまうとのこと。

(やっぱり女性って男性よりもエロい生き物です)

 

 

エッチな女の子は大好きですが、

メガネと髪型をもう少しオシャレにしてくれればいいのになー

と思うこの頃です。

 

→Nちゃんと出会ったのはこのサイト

※今なら初回無料ポイントがもらえます。

(18歳未満使用禁止です)

(PCMAXで出会ったNちゃん)

(地味な見た目なのにスケベな女の子ってギャップ萌えです❤)

 

呉市のパチンコ店員のNちゃんと出会ったPCMAXは、

業者も多いですが一般の素人もたくさんいます。

(時期によっては熟女ばかりということも・・・)

 

「すぐ会いたい!」

「俺のセ〇クスは凄いんだぜ!」

ガツガツしたメッセージを送らなければ、出会うチャンスは一気に上がると思います。

 

 

NちゃんはPCMAXで出会いましたが、
他の出会い系サイトを使って素人女性ともセ〇クスしています。

お時間がありましたらチェックしてみて下さい。

 

→呉市出会い系サイト体験談をまとめてるページ

 

最後まで
「PCMAX呉でパチンコ店員Nちゃん(25才)とセ〇クスした体験談」
にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。