皆さんこんにちは。
呉に住んでいる45歳の(さとし)です。

 

今回はワクワクメールで呉市内で現役のキャバ嬢とセ〇クスした体験談を紹介したいと思います。
(現役と言ってもあまり人気が無く、休みが多いそうですけど)

 

メールのやり取りしてる時から
言葉づかいも態度も生意気だった23才のキャバ嬢。

 

でも、

焼肉を食べて飲んでるうちに、

 

「うち、ほんまは・・・」

「男の人に優しくされたいんよ」

 

最初に会った時からは想像出来ない
可愛らしい女の子に変わっていきました。

 

「ゴム付けたことないから」

「生で入れて・・・」

 

ちょっと怖かったけど、
生挿入してお腹に発射。

パイズリまでしてくれて、
気持ちいいセ〇クスが出来た体験談です。

 

・23歳独身

・呉市内の現役キャバ嬢

・モデルのマリエを少しブスにした感じ

・ギャル系でぽっちゃり

・Fカップくらいの巨乳

・経験人数は10人(お客とは絶対ヤラないという謎のプロ意識)

・言葉遣いも態度も生意気。でも、本当は純粋

・呉市天応で1人暮らし

 

ワクワクメールで呉市のキャバ嬢と出会った流れ

 

「ギャルって見た目がエロいじゃないですか!」

 

「その日にセ〇クス出来そうだし!」

 

数か月前、すぐヤラせてもらえると思って、「呉の有名なナンパスポットのバー」でギャルをナンパした後輩M君。

 

「ナンパした子とはどうなったの?」

と聞いてみると、

 

「フラれました・・・」

初めてのHまで7か月もかかった挙句、そのあと速攻で捨てられたとか。

 

「たしかにギャルって見ただけで、ムラムラするよな・・・」

 

僕は見た目に自信がないし、ナンパする勇気もありません。

失敗して傷付くことに耐える事なんて出来る自信もありません。

 

なので、

メールのみで女の子と会話ができる

いつものワクワクメールでギャルを捜索。

 

プロフィール検索で見付けたのは、完全にギャルの見た目をしてる23歳のKちゃんでした。

 

 

茶髪のストレートヘアで、メイクは濃い目。

見た目はモデルのマリエを少しブスにした感じ。

 

「初めましてKさん。同じ呉に住んでる45歳のさとしです」

「美味しいものでも一緒に食べに行きませんか?」

 

メッセージを送信したあと
返事はすぐ届きました。

 

「45歳ってオッサンじゃん。しかも全然イケメンじゃないし・・・」

 

「焼肉おごってくれるんなら、しょうがないけ。付き合ってあげる」

 

この失礼な返事の書き方。

絶対に業者ではないし、絶対にサクラでもありません。

 

でも、

生意気すぎる!

そして、

君も残念ながら

可愛い顔ではないぞ・・・

 

「ワクワクメールには他にもギャルはいるんだ!」

 

そう思って、この子とやり取りするのを止めようかとも思いましたが、
ギャルとのセックスの誘惑に負け、メールを続ける事に(笑)

 

 

「おっさんでイケメンじゃなくてもメールしてくれたのは、興味持ってくれたからですよね?」

 

「はあ?勘違いせんでや!」

「焼肉が目当てじゃけ。叙寿苑行こ♡」

 

ちょうど先週、パチンコで勝った僕。

(ギャルとセ〇クス出来るなら・・・)

覚悟を決めて

 

「ええよ、行こうや」

 

とメッセージを送ってみました。

 

 

「マジで!? 明日仕事休み!」

 

(え?明日?決めるの早っ!)

 

「わかった。明日、焼肉行こう」

 

「約束よ!」

「 バックれたらこらえんよ!」

 

待ち合わせに必要だと思ってLINEを聞いたけど、

 

「会うてもないのに、できるわけないじゃん!」

 

という散々な結果・・・

 

不安な気持ちは消えませんが、明日ギャルと会う事にしました。

 

呉信本店前で待ち合わせ。写真とは違う落ち着いた雰囲気でやって来た

翌日。

呉信用金庫本店前で19時に待ち合わせ。

 

5分前に着くと僕の予想を裏切り、先に到着して待っていたKちゃん。

 

「ちょっと遅いじゃん!」

 

(ギャルって時間にルーズなイメージだったので、絶対遅れてくると思ってました)

 

 

ワクワクメールに載せていた写真は、濃すぎるメイクで完全なギャル。

なのに、
今日はメイクも控えめ。

服装も白のニットのセーターにジーンズと落ち着いた感じ。

 

(だ、誰? でも、写真よりもカワイイかも・・・)

 

そんなことを思っていた時、

 

「お腹空いたけ、早う行こうや!」

 

言葉づかいも態度も
昨日、ワクワクメールでメッセージ交換した時とおなじ(笑)

 

同一人物という事を理解して、

歩いて数分の“叙寿苑呉店”へ向かいました。

ワクワクメールで焼肉を食べたいと言ったKちゃんと呉の叙寿苑に

お店に入ると、

 

「マジでおごってくれるん?」

 

と聞いてくるKちゃん。

 

「うん。何でも頼みんさい」

 

「やったね!」

 

今日、初めて笑顔を見せてくれました。

 

(結構可愛いかも・・・)

 

そんな気持ちを一瞬で覚ましてしまうように、生ビールを一気に飲み干しました。

 

「ん~、たまらん!」

 

オヤジかよ(笑)

 

ギャルというのか、
いまどきの女の子らしいというのか。

 

遠慮なんてする様子は一切なく、食べて飲み続けています。

 

しかも話は

キャバクラのお店の不満と客の愚痴ばかり・・・

 

「最近店が暇じゃけ、出勤日が減ったんよ!」

「 暮らしていけんじゃんか!」

「この前付いた客なんか、初めからうちの胸ばっかり見とるんよ!  最低!」

「同伴もアフターも減っとるけ!」

 

 

(それは君の態度と見た目のせいだよ)

とは言えず、
1時間も1人で喋り倒したKちゃん。

 

「ねえ、何でうちを誘うてくれたん?」

 

急に出会い系サイトで誘ってきた理由を聞いてきました。

 

「Kちゃんが焼肉連れてけ言うたんじゃんか」

 

マシンガントークの後、急に女の子っぽく変化した

 

「ほうじゃったっけ?」

 

昨日のワクワクメール内での会話も忘れていたKちゃん。

 

でも、

 

多分、これはウソで

 

「うち、今まで優しい男に出会えてないんよ」

「写真見た時、優しそうじゃなあ思うて」

 

ビールジョッキを見つめたまま、しみじみ話しはじめたのでした。

 

「今日は連れて来てくれてありがと」

 

それまでの生意気な態度が別人みたいに豹変。

 

「うちの話をちゃんと最後までうんうんって聞いてくれるし・・・」

「うちの目をちゃんと見てくれとるし…」

 

「うち、ほんまは・・・」

 

「男の人に優しくされたいんよ。おかしい?」

 

あんなに生意気だったのに、
実は純粋で男の優しさに飢えていたKちゃん。

 

さっきまでのイメージは変わって、急に愛おしく感じてしまいます。

 

「取りあえず出ようか」
会計を済ませ店の外へ。

 

甘えたようにすぐ手を繋いできたKちゃん。

 

「うち、男の人と手繋いで歩きたかったんよ」

 

Kちゃんのほっぺにキス。

 

「うちでええん?」

 

「ええんなら行こ・・・」

 

出会い系サイトで女性を誘った理由はセ〇クスする為なんでしょ?

 

見透かされた感じでしたが、

そのまま歩いてラブホへ向かうのでした。

ワクワクメールで出会った呉市のキャバ嬢とれんが通りのラブホへ

いい雰囲気になってるキャバ嬢Kちゃんと
手を繋いで、れんが通り近くのウォーターロードへ。

 

「うちが部屋選んでええかね?」

「うーん。どこがええかな・・・」

 

(女の子にとっては、セ〇クスする場所って大事なのね)

そう思いつつ部屋を決めてもらいました。

 

「下で見たより部屋が広いよ~!」

「ベッドも大きい~!」

 

部屋に入ると、はしゃいでるKちゃん。

 

(可愛いな・・・)

 

ソファに座ってると近づいて来て、

 

「うち、この人に抱かれたいって思うたの初めて・・・」

 

自分からキスをしてきます。

 

ニットのセーターをめくると、

焼肉屋の時から透けてて
ずっと気になっていた赤いブラ。

 

「勝負下着じゃもん…」

 

ブラを外すと乳輪と乳首は少し大きいけど、弾力がある大きなおっぱい。

 

「いっぱい舐めて・・・」

 

おっぱいを舐められるのが好きなのか、僕の顔に巨乳を押し付けてきます。

 

(く、苦しいっ・・・)

 

セ〇クスしたくて我慢出来なかったのか、自分でパンツを下げたKちゃん。

そのまま僕の手をオマ〇コに持っていきます。

 

乳首を舐めてる時に感じていたみたいで、エッチな汁は太ももの付け根まで垂れていました。

 

「いっぱい濡れてるね」

 

「だってぇ・・・」

 

「おっぱい舐めるの、上手なんじゃもん・・・」

 

立ったままのKちゃんに手マンをしてると、

「お願い、もっともっと激しくして!」

足がガクガク震え出しています。

 

「舐めて、舐めて!」

 

クリを舐めると、

Kちゃんは絶叫しながら

イきそうになっていました。

 

今までで1番気持ちいいパイズリをしたあと生挿入

 

「今度はうちがしてあげる」

 

パンツを脱がせてくれ、
僕をベッドに寝かせたKちゃん。

 

チ○コの先に唾を垂らしながら

 

「うち、客とは絶対せんのよ?」

 

高い謎のプライドを持ってるようですが、僕にはそんな事は関係ありません(笑)

 

美味しそうにチ○コを一生懸命に舐めてくれています。

 

「きもちいい?」

裏筋も玉も丁寧に舐めてくれるフ〇ラ。

 

「おっぱいで挟んであげるね」

 

頼んでもいないのに、Fカップを使ってパイズリをしてくれます。

 

(気持ちいい。今までのパイズリの中で最高かも・・・)

 

「欲しくなっちゃった。入れて・・・」

 

ギンギンに勃起してしまったチ〇ポを見て、入れて欲しくなったKちゃん。

 

「ゴム付けんと」

ベッドの枕元を探していると、

 

「うちゴム付けた事ないけ。生でして」

 

(初対面なのにいいんですか?)
(でも、そう言うなら・・・)

 

 

手マンをしてから数分経過しているのに、ビチョビチョなままのギャルのオマ〇コ。

 

肉厚なマン肉に亀頭を当てると、にゅるっと入っていきました。

 

「あっ・・・あんっ、あん!」

 

入った瞬間から大きな声を出してアエいでいます。

 

「愛しとる言うて!」

「うちを愛しとる言うて!」

 

(それは無理だろ・・・と思っても、この雰囲気では言うしかありません)

 

「上に乗ってもいい?」

というKちゃんは騎乗位をリクエスト。

 

下から見る激しく揺れるおっぱいは絶景。

 

 

最後は正常位で挿入。

 

「イキそう!」

 

「あ、あん、イく、イく~!」

 

イキそうになってるKちゃんのオマ〇コは、

入り口の締めつけも

膣内の締め付けも最高でした。

 

ただ、妊娠は怖かったし

なんかメンヘラっぽいと思ったので、

オマ〇コの中には出さず、

お腹の上にたっぷり出しました。

 

 

→呉市内の現役キャバ嬢とセ〇クスしたのはこのサイト

(18禁です)

注:ギャルがたくさんいます。

 

見た目と態度が生意気だったけど、実は純粋でカワイイ女の子のKちゃん。

23才とは思えない超エロい女の子でした。

射精したあとは・・・


 

お腹に発射した精子をティッシュで拭き取って頭をナデナデしてると、

「めっちゃ気持ち良かった…」

と言ってくれたKちゃん。

 

「うち、セフレでええけんね」

と言って、自分からセフレにして欲しいと言ってきました。

 

「月に1回は絶対に会うてね」

と言ってきたので、都合のいい時に会ってセ〇クスしています。

 

「お店に遊びに来て」とは言わないので、

ワクワクメールでいいギャルに会ったなーと思います。

 

23才だからなのか、ギャルだからなのか。

セ〇クスが好きな淫乱体質のKちゃんは、

今度は

「コスプレもしてみたい」

と言ってきました。

(そういうお店で働けばいいんじゃないの?とは口が裂けても言えません(笑)

 

こちらのページでは

僕が1年間で出会い系サイトを使って、呉市の女性5人とセ〇クスした体験談を紹介しています。

 

→呉市出会い系サイト体験談まとめ

 

・どのサイトを使ったのか?

・どんな風にメッセージをやり取りしたのか?

・どんな風に初対面に持っていけたのか?

・どんな風にホテルに誘ったのか?

という事を書いています。

 

1~2分で読み終わると思いますので、お時間があれば是非、遊びに寄ってみて下さい。

 

最後まで
「ワクワクメールを使って呉市の現役キャバ嬢とセ〇クスした体験談」
にお付き合いいただき、ありがとうございました。