皆さんこんにちは。呉に住んでいる45歳サトシです。

 

今回はYYC(ワイワイシー)を使って、呉市の塾の先生とセ〇クスした体験談を紹介したいと思います。

 

生徒の前では真面目な先生も、塾を出ると普通の女性。

 

3年ぶりのセ〇クスが気持ち良かったみたいで、とっても淫らな女になってしまいました^^

 

「おっぱい小さいから・・・」

コンプレックスのBカップは
とっても感度が良く、

クンニしただけでもイってしまう
敏感なカラダ☆

 

今回は呉の34才某塾の先生と

「どうやって出会ったのか?」
「どんな風に誘ったのか?」
「どんなセ〇クスをしたのか?」

メッセージをやり取りしてから数日で初対面をして、セ〇クスした時の体験談をご紹介したいと思います。

・34才

・呉市内の某塾の先生

・真面目な先生タイプ

・スレンダーでBカップ

・「自分はブス」と思ってるが、普通より上レベル

・経験人数は3人(全員彼氏)

・呉市阿賀で1人暮らし

 

YYC(ワイワイシー)で呉市のSちゃんと出会った流れ

 

「職場で男性と出会いがありません」

「お酒が好きなので、年上の優しい男性の方を探しています」

「顔写真はメールでやり取りをしてから送らせて下さい」

 

YYCをチェックしている時に見つけたのはこんな感じのメッセージ。

(職場で出会いがないって、良くある誘いパターンです)

 

他の出会い系サイトも同時にチェックしてましたが、イイ感じの女の子はいなかったので、YYCのこの子を本命にしました。


(YYC内では顔バレ防止の為にアバターでした)

 

女の子のプロフィールを見てみると、呉市在住となっていたので、早速メッセージを送ってみることに。

 

「こんにちは、初めまして」
「同じ呉に住んでいる智といいます」

 

「お酒好きなんですね。宅飲み派ですか?外飲み派ですか?」

「僕は両刀使いです(笑)」

 

「仲良くなったら飲みましょう!」

 

(30才超えてるし、お酒が好きということで、軽く下ネタを入れてみました)

 

このメッセージが良くなかったのか。

それとも、

すでにライバルに持っていかれたのか・・・

 

半日経過しても
Sちゃんから返事がありません。

 

下ネタ作戦は失敗だったのか?それともサクラだったのか?

 

「うーん。失敗したかな・・・」

 

「というか、返事だけ求めてるサクラだったのか?」

 

YYCで別の女性を探そうと思っていたところ、Sちゃんから返信。

 

「すみません、お返事遅れました」

「メール頂いてたのに気付かなくて・・・」

 

「私も両刀使いですよ(笑) でも最近は友達と外で飲む方が多いかな」

 

「オヤジタイプなんでビールと焼鳥で喜びます(笑)」

「よろしくお願いします」

 

サクラと疑ってしまったけど、本人から届いたメッセージ。

 

返信が遅くなってしまったのを負い目に感じたのか、
それから何通かメールをやり取りをした後、あっさりとLINE交換に持ち込めました。

 

でも・・・

 

「交換したばっかりなんだけど」

「しばらくLINEできないかも・・・」

 

と送られてきたメッセージ。

 

「どしたん?」

 

「これから採点とかが忙しくて・・・」

 

「採点?」

 

「実は私・・・」
「塾の先生なんです・・・」

 

(色んな女性とメッセージを交換してるけど、先生なんて初めて☆)

(いけないコトをしてるみたいで、いつもよりもやる気アップです♪)

 

 

「落ち着いてからLINEしてくれたらええよ。どこにも逃げんけ(笑)」

 

「絶対逃げんで下さいよ(笑)」

 

 

それから3日後。

 

「お待たせです!」
「やっと終わりました!」

 

「頑張ったご褒美に飲みに連れて行って下さい!」

 

どのタイミングで誘おうかな?
と考えていたのに、

Sちゃんから誘われて土曜日の夜に飲みに行く約束をしました。

 

YYCで知り合った先生と初対面

土曜日。

待ち合わせ場所は本通4丁目にあるスーパー・ナイスムラカミの前。

 

「これから先生と生徒役で・・・」

 

なんて妄想していた時、

「もう着くよ~」

とLINEが来ました。

 

手を小さく振りながら近づいてくるSちゃん。

 

身長は160cmよりも少し高いくらいのスレンダーっぽい体型。

黒髪のセミロングでピンクのセーター、ダウンジャケットにジーンズという服装。

いかにも「真面目な先生」という雰囲気。

 

軽くあいさつをしたあと、僕たちが向かったのは呉では有名な焼き鳥屋さん。

 

「お酒、結構イケる感じ?」

 

「はい。強いって良く言われます(笑)」

 

(酔い潰れないようにしないと。と決意した瞬間でした)

YYCで出会ったSさんと呉市の有名焼鳥屋店へ

 

お店に入り案内されて、テーブル席に向かい合わせで着席。

まずはビールで乾杯しました。

 

重そうにジョッキを持つSちゃん。

 

(女の子だし、少し口を付けて飲むくらいかな?)

と思っていましたが、

いきなりジョッキ半分のビールを飲み干したのです・・・

 

お酒好きとはYYCのプロフにも書いてたけど、想像以上の飲みっぷり。

(酔いたいのか?本当にお酒が好きなだけなのか。)

お酒が入ったとは言え、まだ緊張気味の2人。

 

始めは他愛もない会話をしていましたが、

「どうしてYYCを使ったか?」

という話題になりました。

 

最初に教えてくれたのはSちゃん。

 

「友達がここで彼氏できたって言いよったけ」

「うちも3年彼氏おらんし、そろそろ欲しいな思うて」

 

「そっかあ」

 

「さとしさんは?」

 

「Sちゃんと出会うため」

 

「も~、上手なんだから(笑)」

 

緊張がほぐれてきたみたいで、とても愛くるしい笑顔で笑ってくれるSちゃん。

 

(こんな笑顔もできるんだ・・・)

 

真面目そうな雰囲気とのギャップに思わず萌えてしましました。

 

Sちゃんの顔を見つめていると、

「どうしました?」

と不思議そうな表情。

 

 

「笑顔が素敵だなって」

 

 

「やだ・・・」

「そんな事言われたの初めて・・・」

 

 

「私、可愛くないから・・・」

 

 

「でも嬉しい・・・」

 

 

照れてるのかお酒のせいなのか。
さっきよりも顔が真っ赤になってるSちゃん。

(普段はこんな恥ずかしい言葉なんて絶対に言えません)
(今思うと、酔った勢いって怖いですw)

笑顔を褒めると喜ぶSさん。「ホテル行こう?」と聞いたら

 

「私、自分に自信がなくて・・・」

 

酔ってるからなのか、自分のコンプレックスを言ってきたSさん。

 

「十分素敵だよ」

 

と言うと、

 

「ありがとう。出会い系ってあんまりいいイメージなかったけど」

「初めて会った人が優しくてよかった」

 

「YYCで初めて会ったのが、僕みたいなオヤジで良かったの?」

 

「うん。」

 

照れて恥ずかしそうにしているSちゃんの耳元で

 

「ホテル行こうか・・・」

 

と言ってみました。

 

 

 

「うん・・・」

 

会計を済ませて店の外へ出ると、すぐにSちゃんの手を握ります。

 

「さとしさんの手、あったかい・・・」

 

YYCで出会った先生と手をつないで呉で人気のラブホへ

歩いて向かったのは近くの“ウォーターロード”。

呉では人気のラブホなので、
週末は満室になる事も・・・

 

「空いとったらええけど・・・」

 

「空いとらんかったら、タクシーで他のとこ行こ?」

 

(ここまでノリノリになってくれるなんて珍しいな。僕も同じ気持ちだけど♡)

 

我慢できなくなって、途中でキス。

 

「外でしたら恥ずかしいじゃんか・・・」

 

「嫌じゃった?」

 

「嫌じゃないけど・・・」

 

いちゃいちゃしながら歩いてるうちにウォーターロードに到着。

ラッキーな事に1部屋だけ空いていました。

 

部屋に入ると、

「広~い! 綺麗~!」

「お風呂も大きい~!」

テンションが高くなってるSちゃん。

 

抱きしめると今度は積極的に舌を絡ませてきます。

 

「キス大好き・・・」

 

ソファに移動してキスをしようとすると、

 

「一緒にお風呂に入りたいな♡」

 

立ち上がってお湯を入れに行ったSちゃん。

 

本当は教師と生徒というシチュエーションを楽しみたかったけど、

それは今度のお楽しみ。

という事にしておきました。

 

お風呂から戻ってきたSちゃんを膝の上に乗せると、

 

「私、普通のエッチしかした事ないし」

「経験も少ないけど大丈夫?」

 

心配そうに聞いてくるSちゃん。

 

目をウルウルさせながら

上目づかいで顔を見てくる表情が

僕の興奮をより強くさせるのでした・・・

 

Bカップ貧乳は感度が抜群だった

キスをしながらSちゃんの服を脱がせていくと、上下お揃いの真っ赤な下着のセット。

 

「これお気に入りなんよ♡」

 

そう言って後ろを向くと、ちいさなお尻によく似合うTバックでした。

 

「脱がしてあげるね」

 

早くちんこを見たいのか、
僕の服を脱がしてくるSちゃん。

 

お互いに身体をチラッと確認して、
そのままお風呂に向かいます。

 

ラブホ特有の大きなお風呂に入ってると、無防備なSちゃんのちいさいおっぱいが気になってしまいます。

 

何も言わずにおっぱいを触ると、

 

「や、やん・・・」

 

「おっぱい気持ちいいの?」

 

「うん・・・」

 

巨乳好きの僕としては少し残念なBカップ。

 

でも、

感度は想像以上に良くて、

乳首を指でコリコリしただけなのに

「や、や、やん・・・」

気持ち良くなってるようでした。

 

「小っちゃくてゴメンね」

「Bしかないんだ・・・」

 

僕の気持ちを察したのか。

それとも、

男は全員巨乳好きと思ってるのか。

 

Sちゃんは申し訳なさそうに謝ってくるのです。

 

「ちいさいおっぱい好きだよ」

 

左の乳首を舐めると、大声を出しながら身体をひくつかせるSちゃん。

 

「ダメ、イく、イッちゃうかも!」

 

(え?ここまで敏感なのって演技じゃないの?)

 

乳首を舐めながら、指はオマ〇コを触っていきます。

 

 

「う、う、う~!」

「気持ちいいよ~!」

 

よっぽど気持ち良いのか、
子供みたいな声を出しながらお湯をバシャバシャさせているSちゃん。

 

 

「舐めてくれる?」

チ○コをSちゃんの顔の前へ出すと

 

「下手じゃけどええ?」

 

目を閉じてゆっくりと口を近づけてきます。

 

Sちゃんが言ったとおり、
確かにフ○ラは下手。

でも、一生懸命に舐めてくれます。

 

未経験のク〇ニで大絶叫。ビクビク震えてイってしまう

 

お風呂から上がり、ベッドに移動。

 

Sちゃんをあお向けに寝かせて足を大きく開くと、

ビチョビチョに濡れていたオマ〇コ。

 

「え、え、何するの!」

 

何をされるのかわかったのか
Sちゃんは急にあわてはじめます。

 

「オマ○コ舐めるんだよ?」

 

「え?えぇっ!?」

「そんなトコ、舐められたことない!」

 

 

じゅるじゅる
じゅるるっっ

 

わざと大きい音が出るように思いっきり舐めていると、

 

「や、やだ。やだっ」

「ちょ、ちょっとっ・・・」

 

恥ずかしがる反応。

 

でも、

マ〇コを舐められてるうちに、

 

「いいっ・・・いいっ・・・」

 

初めてのクンニでさっきよりも大きな声でアエいでしまっています。

 

全身がビクビクしているので
感じてるんだと思いました。

 

 

「あ、あ、あ~!」

 

そのままクンニを続けていると太ももの痙攣は早くなって

 

ガクガクっ

 

そのままイってしまったSちゃん。

 

 

「イったの初めてかも・・・」

 

バックと騎乗位も初体験。最後は正常位で挿入

 

「入れていい?」

 

 

一生懸命に舐めてくれたけど、下手だったフ〇ラ。

 

「うん、入れて・・・」

 

ゴムを付けて挿入することにしました。

 

 

「あ、あ、あぁっ・・・」

「オマ〇コ気持ちいい!」

 

3年ぶりのセ〇クスが
気持ち良かったらしく、

先っぽしか入っていないのに感じまくってるSちゃん。

 

数時間前の真面目なイメージからは想像できないエロい言葉を口にしていました。

 

経験人数が少ないからか、
かなり締まりのいいオマ○コ。

 

「後ろから入れていい?」

 

「え・・・?」

 

「バックでしたことない・・・」

 

正常位しか経験がないというマジメっぷり。

 

バックで挿入すると、

 

「後ろからって気持ちいい!」

「もっと、もっと突いて!」

 

いつも生徒に勉強を教えている塾の先生の姿はもうどこにもありません。

 

「今度は上に乗って腰を動かしてみて」

 

「上手く出来るかな・・・」

 

チ〇ポを挿入したまま体位を変え、今度はSちゃんに動いてもらいます。

 

「どう?気持ち良い?」

 

「よくわかんない・・・んっ・・・」

 

ぎこちない腰の動かし方だけど、

オマ〇コの締め付けがどんどん強くなってるおかげで気持ち良い・・・

 

「じゃあ次は・・・」

 

イキそうになってるSちゃんの動きを止め、今度は正常位に。

 

性感帯の乳首を舐めながら
ガンガン突いていきます。

 

「Sちゃんイきそう、イってもええ?」

 

「私もイきそう! きて!」

 

「一緒にイって!」

 

チ〇ポを奥まで挿入した状態で発射した瞬間、
キュッと締まりが強くなったオマ〇コ。

 

そのまま2・3回痙攣したまま

Sちゃんはイってしまいました・・・

 

→呉市の塾の先生がいたのはこのサイトです

 

(18禁です)

(今でもSちゃんとはセフレ関係なので、退会したと思います)

(もし、Sちゃんらしい女の子がいても、絶対にメッセージは送らないで欲しいです。お願いします。)

 

こちらのページでは、僕が1年間に呉で出会った素人女性5人と「どうやって知り合ったのか?」という体験談を紹介しています。

・女性のプロフィール
・写真
・誘った方法

なども書いていますので、お時間があれば遊びに寄ってみて下さい。

 

→呉市出会い系サイト体験談まとめ(5人分)

 

最後まで
「呉市YYC体験談・スレンダーな塾講師とセ〇クスした体験談」
にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。